【ユーカーパック査定】トラブルなく希望額で売れるオークション査定の仕組み

ユーカーパックオークションの仕組みとメリットを紹介

ユーカーパックは、最大5000社が入札するオークションで買取額が決まる一括査定です。

業界で唯一のオークション形式には、さまざまなメリットがあります。

  • ネットの一括査定より高く売ることが可能です。
  • すべての手続きを代行してくれるので安心して車が売れます。
  • 出品料や手数料は一切かかりません。
  • 迷惑な営業電話は絶対にかかってきません。
  • トラブルなく車を売ることができます。

オークションを簡単に利用できるユーカ―パックのメリットを詳しく紹介します。

ユーカーパックはオークションだから高く売れる

ユーカーパックオークションに仕組み

ユーカーパックの特徴はなんといっても、「オークション入札制度」です。

最大5000社の業者が競争入札によって、あなたの車の値段を決めます。

数社しか査定しない従来の一括査定より高く売れる可能性があります。また、入札中は、リアルタイムで入札額がわかるので、楽しみながら売ることができます。

オークションと聞くと、手続きが難しく感じますがユーカーパックが仲介してくれるので、簡単に参加できます。

ユーカーパックは売る側の味方になってくれる

一括査定では高く売れない

従来の車の一括査定では、安く買い取るほど買取店の利益となっていました。そのため、なかなか買取額が上がりませんでした。

でも、ユーカーパック査定の場合は違います。

ユーカーパックはオークションを開催する立場であり、買取店から受け取る手数料は落札額に関係なく一定です。

だから、売る側の立場でサポートしてくれます。(高く売れた実績がないとユーザーが減ってしまうから)

ユーカーパックは中間マージンが少ないから高く売れる

オークション形式のメリットは、競合する買取店が多い点だけではありません。

オークションに参加する買取店にとっても、高く買取れる理由があります。

従来の一括査定はマージンが多かった

従来の一括査定では、買取から売却まで多くの会社が仲介していました。

そのため中間マージンが発生してしまい、買取会社は高く買い取ることができませんでした。

ユーカーパックはマージンが少ない

あまり知られていませんが、買取店が買い取った車は買取店が販売するのではなく、専門業者のオークションで売却されます。そのため中間マージンが多くなります。

簡単な例を挙げてみると・・・

従来の一括査定で買取

一括査定経由で、新オーナーに車を100万円で売るためには、買取業者、オークション業者、中古車業者それぞれの利益(中間マージン)が必要となります。1社あたり5万円の利益とすると、買取店は85万円が買取限界予算となります。

ユーカーパックで買取

ユーカーパック経由で、新オーナーに車を100万円で売るためには、オークション業者(ユーカーパック)、中古車業者の利益(中間マージン)が必要となります。1社あたり5万円の利益とすると、買取店は90万円が買取限界予算となります。

この差が、買取店のアップにつながっています。(※実際には、一括査定はもっと多くの業者がかかわるため、買取額の差はさらに大きくなります。)

つまり、中間マージンが少ないユーカーパックは高く売ることのできる買取サービスと言えます。

ユーカーパックが目指したトラブルの無い買取方法

あまり知られていませんが、従来の一括査定はトラブルの多い買取方法でした。

従来の車の一括査定で起きているトラブル

ネットを利用した車の一括査定では、このようなトラブルが報告されています。

  • 個人情報の流失
  • 迷惑な営業電話
  • 査定時の押し買い
  • 支払・車両引き渡し時のトラブル
十年以上の歴史をもつ車の一括査定ですが、トラブル無くならない原因は買取の仕方にあります。

ネットの一括査定のトラブル内容とその原因

従来の一括査定の仕組みとトラブルのポイントを紹介します。

一括査定でのトラブル

車の一括査定は、申し込んだ後に各買取店から提示される簡易査定を目安にして、高く売れそうなお店だけに絞って本査定を申し込みます。

車をお店に持ち込む必要がないので効率的に査定を受けることができます。

この通りであれば、理想的な車の買取方法と言えます。

しかし、実際には、「個人情報の流失」、「しつこい営業電話」、「押し買い」などが起きています。

個人情報の流失トラブル

個人情報の図

車の一括査定サイトに申し込むと、その個人情報は加盟店すべてに伝わります。
最終的に本査定をしないお店にも伝わるので、無駄に個人情報が広がります

後日、DMなどがくる可能性もゼロではありません。

しつこい営業電話がくる:電話がなりやまないからストレスになる

車の一括査定に申し込むと、直後からいっせいに営業電話が入ります。

営業担当が「自分のお店で買い取らせてほしい」というしつこい電話をかけてきます。

多い時は数十分で百件近くの着信も報告されています。

この営業電話は一括査定を利用する上で大きな問題となっていますが、仕組み上防ぎようがありません。

加盟店は一括査定サイトに加盟料を支払っています。営業電話を禁止すると加盟店が減ってしまう可能性があるため、強くは禁止できません。

この営業電話は、一括査定を利用する上で大きなストレスになります。

本査定に時間がかかり競合させられない

ネットの一括査定では、最終的には自宅に来てもらって、車を見て査定をしてもらいます(本査定)。

本査定には数時間かかるため、いくつもお店にお願いするには時間と手間がかかります。

そのため競合させられるお店は多くても5件程度です。競合店が少なければ、希望の買取額はつきません。

査定士による押し買いが問題になっている

押し買いとは

一括査定で出張査定をした査定士は、なんとかして売ってもらいたいと考えます。

そのため、査定額が自分の希望より低くても、査定士に売却を迫られる「押し買い」が起きています。

トラブルが起きても助けてくれない

もし、一括査定でトラブルが起きても、一括査定サイトは助けてくれません。

注意
一括査定サイトは、買取業者にお客さんを紹介するだけです。売買には関与しません。

・希望額に達していないのに売却を迫られる。

・本査定の後に、いろいろ理由をつけて査定額の減額を要求される。
・なかなか入金してくれない、約束よりも低い額しか入金されない。
・車両を引き渡したのになかなか入金してくれない。減額を要求される。

・連絡がつかなくなる

そのため、このようなトラブルが起きても助けてくれません。個人で解決するしかありません。

ネットの一括査定の問題点まとめ

  1. 加盟店すべてに個人情報が流れる
  2. 申し込み直後からものすごい数の営業電話が来る
  3. 本査定はお店ごとに受ける必要がある
  4. 時間がかかるため競合させにくい
  5. 加盟店とトラブルは自分で解決するしかない
  6. 中間マージンが多いため査定額が上がりにくい

車の一括査定は多くの人が利用していますが、このような問題があるのも事実です。

車をトラブルなく希望額以上で売りたいのなら、オークション形式がおすすめです。

トラブルが起きないユーカーパックの仕組み

車の一括査定で起きていたトラブルを解消したのが、オークション形式の一括査定ユーカーパック」です。

ユーカーパックは個人情報が広がらない

ユーカーパックの個人情報の流れ

ユーカーパックオークションは、ユーカーパックが主催します。

申し込み時の個人情報は厳重に管理され、買取店に伝わることはありません。

オークションでの出品時には車の情報と県名、性別だけが使われます。

安心して申し込むことができます。

営業電話は絶対にこない

個人情報はユーカーパック以外に漏れないため、オークションに参加する買取店から電話がくることは絶対にありません。

申し込んだあと、営業電話に悩まされることがありません。

査定は1回だけでOK。しつこい営業トークも心配なし

ユーカーパック査定

ユーカーパックでは、ユーカー査定によって車の状態を調べます。

ユーカー査定は、提携スタンドか自宅で受けることができます。

実車を見せるのは、この1回だけです。

この査定は車の状態を調べるだけなので、査定士からの営業トークの心配はいりません。

ユーカーパックなら簡単にオークションが利用できる

手続きはユーカーパックがすべて代行

ユーカーパックの買取の流れ

ユーカーパック査定では、スタンド(自宅)での査定の手配、オークションへの出品準備、オークションへの出品、落札後の買取額の値上げ交渉、売却後の入金の確認、車両の引き渡し、これらに関わる書類の手配などすべてに関してユーカーパックが手伝ってくれます。

トラブルの起きやすい過程では、必ずユーカーパックが間に入る(代行)ため、トラブルの心配はいりません。

初めてでも、簡単に・安心してオークションを利用することができます。

ユーカーパック査定のメリットまとめ

  1. 買取業者に個人情報は流れない(ユーカーパックがしっかり管理)
  2. 電話は査定日をきめる一度だけ(ユーカーパックから1回だけ来る)
  3. 車を見せる「査定」は一度だけしかしない
  4. 5000社以上が入札(競合させているのと同じ)
  5. すべての手続きにユーカーパックが関わるので安心
  6. 経由する業者が少ないため中間マージンが少ない

 

ユーカーパック利用時の注意点

ユーカーパック査定のキャンセルについて

オークション出品に関して、どうしても気になるのがキャンセルの可否です。

結論から言うと、オークションに出品した後に何らかの事情で出品をやめたいとき、キャンセルは可能です。

ただし、条件があります。

①売切り価格に達していないこと

オークションの入札価格が、自分が設定した売切り価格に達している場合キャンセルはできません。

必ず入札したした業者のうちどこかに売却をしなければなりません。

MEMO
出品後に売切り価格を超える入札がなければ、所定の手続きをすることで出品をキャンセルすることができます。

②オークション開始後3日経過している

オークションの開催期間は1日間ですが、その後2日間が承認期間になります。

ユーカーパックのオークションでは、最低落札価格以上の入札がなくても、(承認期間の間に)希望の業者に売ることも可能です。

そのため、売切り価格に達しないで終了した場合、オークション開催期間1日+承認期間2日の合計3日間が過ぎるとキャンセル扱いとなります。

ローンが残っている車を売るときは

ローンが払いきれなくて、売却する人が増えています。

ユーカーパックでは、ローンが残っていてもオークションに出品することが可能です。

ただし、売却額よりもローンの残高の方が多い場合は、売却時にその差額をユーカーパックに支払う必要があります。

ユーカーパック査定|オークションはローンが残っていても出品できる?

ユーカーパックのデメリット

トラブルが少なくて高く売れるユーカーパックですが、デメリットもあります。

ユーカーパックは、オークション形式であるため、落札されなければ売ることができません。

再出品は何回でもできますが、売れるまでに時間がかかることがあります。これが唯一のデメリットといえます。

オークション期間は1日間です。希望額に達しなければ、再出品できます。最低落札価格を調整しながら自分の希望額で売れるのを待つことになります。

MEMO
どうしても早く売りたい場合は、最低落札額以下でも売却することはできます。

 

ユーカーパックに申し込んでから売却まで

実際にユーカーパックに申し込んでから、売却までの流れを紹介します。

①ユーカーパックに申込む

公式サイトのフォームから申し込みをします。申込後2日以内にユーカーパック・サポートセンターから電話があります。

この電話で決めるのは、査定の場所と日時だけです。

近くに提携スタンドがない場合や自宅で査定を希望する場合は、この電話で希望を伝えることができます。

この時に聞いたURLを元に会員登録をしておきます(査定予定日前までに登録が必要です)

②ユーカー査定をしてもらう

提携スタンド又は自宅駐車場でユーカー査定を行います。

車検証と免許証の確認が終わったら、査定士に車の状態を見てもらいます。

一番大事なのはフレームの部分です。事故などでフレームの修復が入っていないかがチェックされます。

その他には、走行距離や、ボディの大きな損傷などがチェックされます。

小さな傷は落札した業者が直すので、あまり大きな問題にはなりません。

MEMO
この時オークションの出品に使う写真撮影も行います。事前に車を洗っておき、室内も清掃しておくことをお勧めします。

査定には、査定士の主観が入らないように、チェック項目が細かく決められており、タブレットを使って評価をしていきます。

査定後に、オークションに出品するにあたりオーナーからのコメントを聞かれます。事前に売り込みポイントを考えておきましょう。大事に乗っていた事が伝わればOKです。(その後担当者がいい感じに編集してくれます)

MEMO
査定は約1時間かかりますが、終わったら携帯に連絡をしてもらうこともできるので、別の用事を済ませたり、自宅待機していても大丈夫です。

③ユーカーパックオークションに出品する

ユーカー査定の結果と写真を元にオークションの準備が始まります。出品の準備が終わると、オークション担当者から連絡がきます。

ここで、担当者と一緒に「売切り価格」を決めます。

売り切り価格とは、いわゆる最低落札価格です。この価格以下で落札されることはありません。

オークション中は、入札している業者には売切り価格はわかりません。

しかし、売切り価格よりも入札額が高くなると、業者にはそれがわかる仕組みになっています(具体的な価格は表示されません)。

売切り価格を決めたら、いよいよオークション開始です。

売切り価格設定のポイント

極端に売切り価格を高く設定すると、その価格に達する前に買取店がやる気を失くしてしまいます。

MEMO
売切り価格を超えてから業者同士の競合入札がが激しくなるので、低めに設定して早い段階で競合させた方が高く売れやすくなります
もし落札されなかったら?
オークションは1日間で終了となります。売り切り価格に達しなかった場合「不成立」となりますが、それでも売却したい場合はその価格で売却することができます。 売却しない場合は、売切り価格やコメントを修正して「再出品」することができます。

④売却先を決める

入札の状況は、マイページからリアルタイムに見ることができます。オークション終了後に、売切り価格を超えた業者の一覧が表示されるので、そこからどの業者に売るかを決めます。

オークションとはいっても一番高い入札額の業者に売却する必要はありません。どの業者に売却するかは自分で選ぶことができます。

売却承認すると取引成立となります。

⑤売却の手続きをする

オークションが終わるとユーカーパックから連絡がきます。車の引き渡し日の調整と必要書類の説明を聞きます。

買取業者からユーカーパックに入金があると、ユーカーパックから連絡がはいります。

必要な書類をレターパックでユーカーパックに発送します。

そして、車両を買取業者に引き渡します。

返送する主な書類
  • 印鑑証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 自動車税還付手続き書類

買取業者は車両を確認してユーカーパックに連絡を行います。

ユーカーパックは書類に問題ないことを確認すると、ユーザーに入金を行います。

MEMO
いずれも入金を確認してからの引き渡しなので安心です。

新しい車の売り方!ユーカーパック(UcarPac)

約5000社の買取店による公開オークションであるため、業者との面倒な交渉や駆け引き、迷惑な営業電話に悩まされることがありません。

まだあまり知られていないオークション形式の買取ですが、従来の一括査定よりもメリットの多い売り方です。

これから車を売るならユーカーパックをぜひチェックしてください。