ユーカーパックのデメリットまとめ

ユーカーーパックは、オークション形式を採用した車の買取システムです。

ユーカーパックが全面的にサポートすることで、トラブルの心配なく車を売ることができます。

また、

  1. 車を見せる査定は1回だけ
  2. 営業電話が絶対に来ない
  3. 最大5000社の競争入札で高く売れる
  4. ユーカーパック仲介するから手間がいらない

といったメリットから利用する人が増えています。

しかし、ユーカーパックにも悪い点(デメリット)があります。

ユーカーパックで車を売るデメリット

提携スタンドが少ない

ユーカーパックでは、ユーカー査定によって車の状態を調べます。

ユーカー査定を受ける場所はユーカーパックの提携スタンドまたは自宅駐車場のどちらかを選ぶことができます。

ユーカーパックと提携しているガソリンスタンドは、日々増えていますがまだ十分ではありません。

ユーカー査定を受けるときは、少し遠くの提携スタンドまで行くか、自宅の駐車場で受けることになります。

MEMO
ユーカー査定が行える提携スタンドはどんどん増えていますので、デメリットは今後減っていきます。

ユーカーパックのオークションには大手が参加していない

大手の一括査定サイトでは、大手の買取店が参加しています。

しかし、ユーカーパックのオークションには、大手の買取店は参加していません。

そのため、「高く売れない」という情報が出回っています。

確かに大手の買取店は資金力がありますが、大手買取店は、売れる車・・・つまり、人気のある車や状態の良い車しか狙いません。

高く売れない車を無理して高く買わなくても、買い取り希望の車があるからです。

MEMO
中堅、小規模の買取店の方が、意外な車が高く売れたりしますので逆にメリットとなることがあります。

ユーカーパックは売れるまでに時間がかかる

ユーカーパックで車を売るには、申し込み ⇒ ユーカー査定 ⇒ 出品 ⇒ 落札承認 ⇒ 売却という手順が必要です。

また、当然ながらオークションで買い手がつかなければ、すぐに売ることはできません。

再出品は何度もできますが、場合によっては売却まで数ヶ月もかかってしまうことがあります。

なので、すぐに手放したい、現金に変えたい人には向きません。

MEMO
入札額が最低落札価格に達しなくても希望すれば売ることができます。その場合、ユーカーパックから買取業者に買取額の割増をお願いすることもできます。

ユーカーパックとのやりとりは主にメールになる

基本的にユーカーパックは、1度だけしか電話をかけてきません(初回の査定日と場所を決める)。

その他は、担当者とのメールでのやり取りが主になります。

メールで連絡を取り合うことが苦手な人には向きません。

MEMO
しかし、時間に縛られることなくやり取りをすることができますので、忙しい方にはメリットとなります。

入金まで最大2週間かかる

査定から売却まで必ずユーカーパックが間にはいります。

オークション終了後、所有権の変更、車の引渡しや入金の確認などの手続きはユーカーパックがサポートしてくれます。

安心して取引を進めることはできますが、その分時間がかかり、売却から入金まで最大2週間かかることがあります。

すぐに車を現金に変えたい人には向きません。

実はメリットも多いユーカーパック

オークションによる一括査定の方式は、現在の所ユーカーパックしか行っていません。

まだ、知名度が少ないため不安に思うこともあるかもしれません。

しかし、オークション形式の仕組みを正しく理解すれば、とても優れた売却方であることがわかります。(下記記事参照)

ユーカーパックまとめ|これで納得。オークションで高く売れるしくみ

ユーカーパックの詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です