ユーカーパック|下取りと買取は何がちがう?一番お得な売り方は?

車の下取りと買取りの違いと特徴を解説

車を売却する時、ディーラーに下取りしてもらうのと買取業者に買取ってもらうのではどちらがお得なのでしょうか?

両社の違いを解説します。

車の下取りの特徴

下取りは、ディーラーや販売店で車を買うときに、古い車を買い取ってもらうことをいいます。

買い取リ額相当分は、新しい車の購入金額から差し引いてもらうことができます。

言い換えれば、「車の下取りによる値引き」となります。

下取りをすると値引きが少なくなる

ディーラの営業マン(販売員)は、それぞれが値引きできる限度額が違います。上の役職になるほどその額は大きくなっていきます。

当然、値引きを少なくした方が営業の成績としては良くなります。

そこで、営業マンはある程度値引きを提示したら、車の下取りによる値引きの話を始めます。それは、車の下取りによる値引きは自分のもつ限度額とは別扱いだからです。

お客さんは、「車の下取りによる値引き」と「純粋な値引き」を混同することになり、あたかもたくさん値引きしてもらったと感じます。

営業マンは、純粋な値引き額を少なくして営業成績を上げることができます。

古い車でも最低ラインで買取ってもらえることも

ディラーなどの販売店は新車販売が主な業務です。買い取った車を直接販売するわけではなく、系列店の中古車販売部に委託するか、外部の業者に売却します。

下取り額は、車種や年式などで基準となる買取額が決まり、そこから走行距離や傷や修理箇所の有無などで減点されていきます。

そのため、よほどのことがなければ査定額ゼロとなることはありませんしかし、基準の買取額以上で買い取ってもらえる可能性は低くなります。

他メーカーの車だと高く売れないことも・・・

別のメーカーの車だったり、年式が古い、走行距離が多い場合は数万円しか査定がつかないこともあります。

ディラーが買い取る場合、同じメーカーの車であれば、販売網がありメンテナンス費用が安く付くため高く売れる可能性があります。

また、車が純正に近いほうが評価され、マフラーやエアロなどのカスタマイズは逆に減点される可能性があります。

年式が新しく純正に近い状態であれば下取りをおすすめします

同じ買取額だったら、買取店に売った方がお得

下取りを依頼しない場合、新しい車の純粋な値引きが交渉のメインになります。そのため、その販売員がもつ限界額まで交渉をすることができます。

同じ買取額、または少しだけ下取り額の方が高い程度でしたら、下取りではなく、買取を選んだほうが総合的には高く売ることができます。

買取業者への売却(買取)

車を買い換えるほとんどの人が利用しているのが、中古車買取です。

最近では、ネットで一括査定を申し込むことができるため多くの人が利用しています。

査定は、店舗に車を直接持ち込むか、自宅駐車場に来てもらって行います。

査定士は数時間かけて車の状態を調べて、査定額を決めます。査定額は、その買取店がその車種をどれだけほしいかに左右されます。

そのため古かったり、傷があってもその買取店がほしい車種であれば、相場より高い買取額が付く可能性もあります。

逆に需要がない車は高く売ることはできません。つまり、どれだけ多くの買取店に査定してもらうかが高く売る鍵となります

下取りと違い、カスタマイズした部分やパーツが評価される点も特徴です。

古かったり、カスタマイズした車であれば、買取をおすすめします。

まずは一括査定で相場を知ることが大事

ディラーに下取りに出すにしても、買取店に売却するにしても、一番大事なのは買取の相場価格を知っておくことです。

まずは、一括査定に出してみて、どれくらいで売れそうか調べてから判断しても遅くありません。

一括査定をするなら、迷惑な営業電話への対策、個人情報漏洩対策のしっかりしたカーセンサー.net簡単ネット査定か、業界唯一のオークションを利用したユーカーパックがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です