ユーカーパック査定|オークションで高く売るコツは査定対策にあり!

ユーカーパックのオークションはウェブ上で行われます。

入札する業者は、ユーカー査定で査定士が作成した評価シートと車の写真、オーナーのコメントをみて入札額を決めます。

オークションでは限られた情報で入札価格が決まります。だからこそ、高く売るチャンスがあります。

できるだけ高く入札してもらうためのコツを紹介します

 

ユーカーパックオークションで高く入札してもらうコツ

オークションに出す写真が決め手!

オークションはウェブ上で行われるため、入札業者は実車を見ることはできません。

そのため、ユーカー査定を行うときに、写真撮影が行われます。

写真は入札価格を左右する大きな要因の一つです。

とにかく天気のいい日がおすすめ

曇っていたり、雨の日はボディもくすんで見えるため写真うつりが悪くなります。

週間天気予報などをみて、晴れの日を選びましょう。

また同じような理由で、夕方よりも朝~昼ぐらいに査定予約をとりましょう。

できれば提携ガソリンスタンドで査定を受けた方が良い

ユーカー査定は、提携のスタンド又は、自宅駐車場のどちらかで受けることができます。

自宅駐車場で査定を受ける場合、周りの車、近くの建物などが邪魔で写真の撮影角度が制限される可能性があります。

また近くに高い建物があると暗い影の中で写真を撮ることになります。

もし近くに提携スタンドがあるのであれば、そちらで撮った方がいい写真を撮ることができます。

査定の前にしっかり洗車をする

ボディの輝きは、車をより新しく見せてくれます。写真うつりを良くするために、直前に洗車をしておきましょう。

また、最近はシートで拭くだけのワックスも売っていますので、ワックスを塗ってボディをピカピカにしておきましょう。

また、タイヤやホイールのなどの足回り関係で印象が大きく変わります。

よく洗ってツヤ出し材を塗っておきましょう。

エンジンルームも清掃しておく

エンジンルームが極端に汚かったり、枯れ葉などが紛れ込んでいると、良い印象は持たれません。

清掃と水拭き、できれば専用のワックスシートなどキレイにしておきましょう。

査定前に室内の清掃も忘れずに

室内の写真も何枚かとりますが、夕方は日が入りにくく、暗い感じに写ってしまいます。

やはり、朝から昼くらいがおススメです。

室内の小物もごちゃごちゃとしていると印象がよくありません。

すっきりしていた方が印象が良くなりますので、整理整頓して私物は取り外しておきましょう。

細かい傷はコンパウンド入りのワックスで消しておく

ボディの細かい傷は、あまり評価に影響しません。落札した業者がメンテナンスすれば消えてしまうからです。

大きなへこみや傷がなければお金をかけて修復する必要はありません。

もし気になるならコンパウンド入りのワックスを使えば、消えて見えなくなります。

年を越す前にオークションに出す

車の年式は、車の評価に大きく関係します。実際に年式が1年古くなるごとに評価はガクンと下がります。

モデルチェンジも影響しますので、いずれ売るつもりなら、年を越す前にオークションに出しましょう。

純正部品やオーディオの説明書などを準備しておく

アルミホイールやハンドル、エアロパーツなどを社外品にカスタムしている場合で、純正部品が残っているなら必ず準備しておきましょう。

また、オーディオなどの説明書なども準備しておきましょう。

この2つは、プラス査定ポイントになります。

まとめ

ここまで紹介したポイントを押さえて、ユーカーパック査定に臨みましょう!

 

【ユーカーパック査定まとめ】高く売れてトラブルが少ないオークション査定の仕組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です