ユーカーパックの査定の仕組み

ユーカーパックの大きな特徴である「Ucar査定」の仕組みを紹介します。

 

Ucar査定はどこでやる?

ユーカーパックに申し込んだ後、2日以内に連絡がきます。

その電話で査定を行う場所と日時を決めます。

まずは、オペレーターさんに、近くの提携スタンドを聞きましょう。

もし近くになければ、自宅での査定を希望することができます。

Ucar査定にかかる時間は?

査定時間は40~60分

査定にかかる時間は1時間弱とされていますが、スペースや機材がない自宅駐車場での査定の場合少し長くなる場合があります。

十分に余裕がある日に予約しましょう。

Ucar査定の査定方法

ユーカーパックでは、査定で集めた車両情報を使ってオークションに出品します。

そのため、査定はとても重要です。

タブレットを使った公平な査定

ユーカーパックでは、査定用に開発された専用システムで査定を行います。

査定士は、i Padを使って項目をチェックしていきます。

ボディの傷やへこみ、フレームやエンジン、内装などに関する400以上のチェック項目をアプリに従って丁寧に確認します。

項目が細分化されているため、査定士の主観が入りにくく、どこの店舗でも、誰が査定をしても同じ査定結果を得ることができます。

査定結果は、「UcarPAC品質評価情報」として採点し、UcarPAC総合評価として評価点を算出します。

オークションに使う写真を撮影

査定がおわると、オークション出品に使う写真撮影を行います。

UcarPAC品質評価情報と、査定時に撮影した車両の写真、出品者情報(性別と出品された県のみ)が、オークションに参加する業者に公開されます。

コメントを決める

査定が終わったら、査定士といっしょに出品者コメントを決めます。

このコメントはオークションで入札業者が見るので、とても重要です。自分の車をアピールしましょう。

オークションの準備が始まる

査定が終わると、その情報がユーカーパックに送信されオークションの準備が始まります。

準備が終わるとユーカーパックから電話がくるので、相談にのってもらいながら「売切り価格」を決めます。

それが終わると、いよいよオークションに出品です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です