ネットの一括査定の問題点(デメリット)

利用者が増えているネットの一括査定

最近は、ネットで申し込む車の一括査定を利用する人が増えています。

売る側に不利だった従来の査定方法

従来の中古車査定は、わざわざお店に車を持っていき、査定をお願いしていました。

お店の査定士が1時間以上かけてボディの傷やエンジンの状態、修復歴がないかなどを調べます。

査定が終ると、結果を説明してもらいますが、大概はいろいろな理由をつけて安く買い取ろうとします。

プロに言われてしまえば納得するしかありません。

もしその査定額が希望額よりも低くても、わざわざお店まで来た自分の手間査定士に何時間も調べてもらったという負い目から、そのまま売ってしまうケースが大半でした。。

このようなことから、従来の車の買取り査定は売る側に不利でした。

売る側がお店を選ぶネットを利用した車の一括査定

そこで登場したのが「ネットの一括買取査定」です。

ウェブに車の情報を入力することで、過去の実績からその車の大体の買取相場がわかります(簡易査定)。

サイトによっては、加盟店が直接簡易見積もりをだす場合もあります。

簡易見積もり額は、お店によって違いますので、お店ごとの見積もり額を見ることで、どこが高く買い取ってくれそうかがわかります。

そのため、高く買い取ってくれそうなお店に絞って、本査定をお願いすることができます。この点はやみくもにお店を回っていた従来方式の査定よりも効率的といえます。

お店を絞ったら自宅駐車場の来てもらって、本査定をしてもらいます。お店に行く手間はありませんし、時間をずらせば1日で何社も本査定をしてもらうことができます。

本査定をしてもらうのは従来と同じですが、「高く売れそうなお店をある程度絞る」という選択権があるため、従来と比べると売る側に有利とい言えます。

このように、従来の査定に比べると飛躍的に便利になったネットの一括査定ですが、実は問題点もでてきています。

ネットの一括査定の問題点

個人情報がダダ漏れ

ネットの一括査定には、たくさんの買取店が加盟しています。一括査定の申し込みがあると、その全てのお店に個人情報が流れます。

そのため買取りに関わるお店(査定を依頼するお店)以外にも個人情報が流れることになります。

個人情報という点では心配です。

営業電話がひどい

ネットの一括査定に申し込むと、その瞬間から営業電話に悩まされることになります。

個人情報は全てのお店に流れているので、電話番号や住所も筒抜けです。営業電話は、時間に関係なくしつこくかかってきます。

1時間の100件近く着信があることもあり、大きなストレスとなります。

本来なら、簡易査定の結果を見てから本査定をするお店を決めたいところですが、強引さに負けて本査定の約束をすることになります。

本査定は従来のように時間がかかる

本査定は、従来と同じように査定士が時間をかけて査定をします。そのため、多くのお店の査定を受けることはできません。

競合させたくでもせいぜい数店です。

押し買いが問題になっている

本査定で希望の買取額でなければ、買取を断ることができます。しかし、査定士はなんとか売ってもらおうと必死です。

そのため、強引に買い取る「押し買い」が問題となっています。

トラブルが起きたら自分で解決しなけらばならない

ネットの一括査定サイトは、車を売りたい人と買いたい人(買取店)を仲介するのが目的です。

それ以降の査定~買取にはタッチしません。そのため、途中でトラブルがあっても助けてくれません。

車の売買は大きなお金が動き、名義など書類の手続きも複雑なためトラブルが起きやすくなります。

また、売却後の入金のトラブル、車両引渡しのトラブルなどがあっても、自分で解決しなくてはなりません。

まとめ

一見便利なネットの一括査定ですが、このような問題があることをしっかり知った上で利用する必要があります。

最近では、このようなトラブルがおきにくいユーカーパックなどのオークション式の車の買取が人気となっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です